最近よく聞くFXとは何か

subpage01

近年、様々なメディアで取り上げられているFXですが、名前こそ聞いたことはあるけれど、具体的にどのようなものか分からないという方も多いのではないでしょうか。

共同通信社情報はこのサイトにおまかせ下さい。

FXとは外国為替取引のことで、ドルやユーロ、ポンドといった外国の通貨を売買して利益を得る取引のことです。

では通貨を売買して利益を得るとは、どのようなことなのか見ていきましょう。

海外旅行に行った際、例えばアメリカに行ったら当然ドルに替えなくてはなりません。
この時に1ドルのレートが100だった場合には10万円は1000ドルになります。

そして旅行から帰ってきて、その1000ドルを円に替える際に1ドルのレートが110円となっていたら、11万円になって戻ってきます。これは言い換えると1万円の利益が出たこととなります。



このように2国間の通貨を取引することによって為替差益を得ようというのFXという投資になります。

またFXではスワップポイントと呼ばれる利益も得ることができて、スワップポイントとは2国間の金利差のことを言います。例えば日本の金利が0.5%でアメリカの金利が1%だった場合には、2国間の金利差は0.5%となり、100万円分のドルを保有していた場合、5000円の利益を得ることができます。



また、FXでは証拠金と呼ばれるお金を証券会社の口座に入金するのですが、そのお金は担保金として使用して、実際のトレードは証券会社から借りたお金を利用します。

ですので、証券会社がドルやユーロ、ポンドなどの通貨を取り扱っていれば、ドルを借りてユーロを買ったり、ユーロを借りてポンドを買ったりもできます。